自分で出来る栄養療法~毎日の食事で心身を整える~

食事

食に注目した治療

和食

食と心身の関係は密接です

食事は体の健康にのみならず、心にも影響を与えるというのが最近の説です。栄養療法はそういった食事に注目した新しい治療法で、様々な診療科で取り入れられ始めています。栄養療法では、毎日摂取するビタミンやミネラルといった栄養によって心身の状態が決まると考えるのが一般的です。そのため、栄養指導や食事のアドバイスが行なわれます。栄養療法を行なうクリニックでは、時に断食療法も実施されています。断食療法は、過食ぎみの方や偏った食生活を続けている方に主に適用される治療です。こういった習慣を持つ方は概して便秘や肥満などに悩まされていることが多く、断食療法で適度刺激を与えることで改善することがあります。便通の改善や異常な食欲の抑制が期待出来るのが断食療法です。

和食が推奨されます

現在行なわれている栄養療法の一タイプとして挙げられるのが、漢方の考え方を取り入れた食事療法です。このような食事療法では、医食同源の概念に基づいて献立が組まれます。医療機関に常駐する栄養士が直接指導をすること多いですが、簡単に利用出来る病食を販売するクリニックもあります。糖尿病などの生活習慣病を患っている方にとっては、こういった食事療法は特に効果的です。栄養学的な観点からも、現在では和食が健康に良いメニューとして掲げられています。カロリーや動物性脂肪の過剰摂取を避け、野菜や豆、穀物などをバランス良く摂取することが健康を維持するための一つの方法です。栄養療法においても、和食の献立を多く取り入れることが重視されています。

腎臓病患者から人気の食事

男性

美味しさを存分に楽しめる腎臓病食には、ご飯やパンによく合うメニューが展開されています。宅配エリアも冷凍であれば、範囲を広げて提供することも可能となり、屋内や屋外問わずに仕出しできるサービスが人気です。

腎臓は様々な働きがある

先生

腎臓病はストレスや食事の変化など生活習慣の影響が大きいと言われていて、特に50代以降から患者の数が多くなっています。しかし食事制限をする事により機能が保たれるとも言われているので、食事は大切な要素となります。

病気の人の食を考える

医者

病気になってしまうと食べられないものなどが増えたりして食事を作る家族にも負担がかかってしまいます。特に糖尿病であればカロリー計算など大変です。宅配で届く糖尿病の方向けの食事サービスもありますので利用してみるといいでしょう。