自分で出来る栄養療法~毎日の食事で心身を整える~

老人

腎臓は様々な働きがある

先生

機能の低下が緩やかになる

腎臓病とは腎臓の機能が低下する病気です。腎臓は体の中にある老廃物の除去や血圧のコントロール、水分量の調節など体にとって大切な働きをしています。一般的に腎臓病は一度かかると回復する可能性が低いと言われているので、機能を低下させないようにしていく事が大切です。腎臓の機能を低下させない為に大切な事が食事です。腎臓はタンパク質や塩分などの排泄を調節しており私達はこの働きによって生命を維持していく事ができます。ですから腎臓病ではまずタンパク質や塩分の摂取量を制限する事が重要です。適切な栄養素の摂取量を保つ事により腎臓への負担が低下し機能が保たれる事も研究から明らかになっています。また腎臓病の食事は他の疾患に比べて制限する事が多いと言われているので、開始する時は専門家の指導を受ける事が推奨されています。

摂取する時の注意点とは

また腎臓病の食事ではタンパク質と塩分以外にも水分やカリウムといった栄養素も注意する必要があります。カリウムはミネラルの一種ですが筋肉や神経の働きを担う物です。カリウムの排泄がうまくいかないと体に様々な影響が出る可能性があるので制限する事が大切です。そして食事をする上では制限だけではなくカロリーにも留意する必要があります。摂取カロリーが不足してしまうと体にあるタンパク質が分解されてしまうので腎臓への負荷がかかってしまいます。ですから腎臓病の食事では高カロリーで低タンパク、そして減塩といった事が基本と言われています。この他にも疾患の程度により差はありますが一日の水分摂取量が決められている事もあるので、食事の時は注意していく事が大切です。